News ニュース&ブログ

 

 米国のジェームス=レビーン博士は“座りっぱなしは喫煙よりももっと毒”という名言の提唱者ですが、博士は続けてこのように述べています。“座りっぱなしは喫煙よりも体に毒で、HIVウィルスよりも、パラシュートでジャンプするよりももっと危険だ。我々は死に向かって座っているのだ” とても恐ろしいことですが、畑を耕し苗を植え、野山を駆け回った昔の生活様式はもうあまり見られません。世界中の人々にとって、老若男女を問わず体を使った労働や娯楽よりもデスクに向かう、椅子に座る時間が圧倒的に増えている、という事実は拭い去れません。

 

熊本震災の直後に余震を恐れて車で寝泊まりしていた方々からエコノミー症候群による死者が出たのはまだ耳新しいニュースです。アメリカでも大統領候補のヒラリー=クリントン氏の下腿から血栓が見つかった、というニュースが流れました。忙しく飛行機で飛び回る政治家ですから、脚をストレッチする暇もないでしょう。エコノミー症候群の詳細については、こちらをお読みください。他人事ではないですよね。

 

エコノミー症候群の原因解消となる、ふくらはぎの働きとケアについてはこちらをお読みください。深刻な問題ではありますが、下腿のケアは実は決して難しくはないのです。飛行機の中、車の助手席、オフィスにて、椅子に座ったままできるYTUプラスサイズの下腿マッサージと運動をこちらの動画でご紹介します。頻繁に椅子に座る、長いこと座りっぱなしの生活をしている方は特に、座りながらでも毎日下腿のケア、ストレッチをし、思考飲料水でなく、水をふんだんに飲むようにしてください。セルフケアはヘルスケア。自分の健康は、自分で守りましょう。

 

 

 

 

コメント

コメントを残す(*は必須項目です)