News ニュース&ブログ

森原龍一(サーフボードビルダー) 60歳

 

僕は気狂い、と言ってもいいくらいサーフィンが大好きで、40年間世界中を回ってサーフィンをしてきました。曜日も時間も関係なく、天気図でどこに波が立つのかを見て、スケジュールを組む生活を送っていたんです。40歳の時に糖尿病を発病し、食事法とスポーツで克服しました。ところが4年前に車の事故に合ってサーフィンとスポーツを一時辞めたこととストレスも重なり、糖尿病が悪化し始め、網膜中心静脈閉塞症(糖尿病の合併症)を併発してしまったんです。そして60歳の誕生日で入院し、手術によって眼球摘出は免れましたが、右の視力を完全に失ってしまいました。4ヶ月の入院のうち1ヶ月は寝たきり、そのあとの3ヶ月は絶対安静の生活。晴れて退院した後は、筋肉が萎えてしまって、体重も62kg から55kgに減り、なんとか歩くことはできたものの、階段の上り下りも難儀な生活でした。自分を叱咤して1ヶ月後には自転車に乗り、泳いで、トレーニングを始めたのですが、今度はいきなりの運動に体がビックリして、下半身の筋肉がどうしようもないくらい硬直して、動くのも大変になってしまったんです。そんな時に、友人にYTUセラピーボールの骨盤のシークエンスを教えてもらいました。

 

  

 

 

15分くらい言われるままにボールでマッサージをしたら、場所によってカラダは涙が出るくらいモーレツに痛みました。でもやっていくうちにやがて楽になり、硬直がとれて、どんどん心地よくなっていきました。そして終わってから立ち上がってみると、これまで手をついても立ち上げるのが大変だったのが、楽に立ち上がれるようになっていたのです。上げられなかった膝も上がり、階段も降りられるようになっていました。これまでどんなに整体や鍼に行っても体は良くならなかったし、たった15分の小さなボールのマッサージでカラダが楽になるわけがない、と半信半疑だったのです。

 

  

 

 

 

右目は見えなくなってしまいましたが、今の僕は希望に溢れています。世界には片目の優れたサーファーがたくさんいるそうです。自分のペースでトレーニングを続けながら、YTUセラピーボールでセルフマッサージを続け、視力を失う前以上の最高の状態に自分を戻し、またサーフィンの旅に出ることが、今の僕の目標です。

 

   

 

 

 

 

コメント

  1. ヒカル says:
    2017-05-29 09:26:57

    身体を動かさない事は本当に毒になるだと思いました。 私達は疲れたら休みたい動きたくないココロを癒したいなど色々な事を考えて疲れたか身体を動かしてほぐしていこうと言う考えはあまり思い浮かばないと思います。 しかし、身体を動かす事により快適なやなる事に早く気づいていけば沢山動かなくても充分効果があるだと理解しました。 セラピーボールを的確なところ導きリリースしてあげる事はアスリートにとっては運動とは言えないかもですが 普段身体を動かす事に慣れてない方にはボールを利用して行う事により身体が改善されQOLが向上できる事が理解できました。

  2. ひろみ says:
    2017-05-29 12:27:44

    すごいですね。自分自身で体に変化を加えていくことを体感することが、ふさぎがちだった気持ちまでも緩ませ活力をもたせるんだなと、再度認識させられました。大事なのはご本人の気持ちのベクトルのありようと思いますが、それを適切なタイミングと関わりで寄り添いサポートする、その大切さも感じました。

コメントを残す(*は必須項目です)