News ニュース&ブログ

 

きょうは、ヨガチューナップ®のセラピーボール(YTUボール)についてのみなさんの疑問にお答えしたいと思います。セラピーボールというのは愛称で、正式にはYTUボールと呼ばれています。

 

 

 

まず最初に多いご質問が、テニスボールで代用してもよいですか?というものです。代用するのは構わないのですが、テニスボールではYTUボールと同じ結果は得られません。テニスボールの表面はフェルトで滑りやすいので、筋膜を掴むことができません。セラピーボールの表面は特殊ゴムで、何層もの筋膜をしっかりと掴むように作られているのです。テニスボールはラケットで叩くと遠くに飛んでいく構造なので、皮膚の奥に強く跳ね返るように入り、体内の繊細な神経の層を傷つけてしまうこともあるのです。YTUボールは、セルフマッサージのために開発されたツールですから、その点安心してご利用いただけます。

 

  

ではフォームローラーやストレッチポールはどうでしょうか?私もストレッチポールは使っていますが、マッサージには使いません。強めに体に入ってくるけれどもピンポイントなマッサージができないからです。YTUボールなら、的確にトリガーポイントに入っていくことができます。

 

 

 

 

ヨガチューナップのボールには4種類あります。一番小さいのがYTUオリジナルボール
 

こちらは足の裏から頭まで、全身のマッサージができるオールマイティなボール。小さて持ち運びに便利です。初めにこちらを購入される方が多いのはそういった理由からです。まるで親指で押すように、細くてよりピンポイントな圧を局部にかけることができます。

 

 

YTUオリジナルボールよりもひと回り大きい、YTUプラスボール

こちらはYTUオリジナルボールでは入って行きにくい部位により効果的です。手足の筋肉と筋筋膜(筋膜と筋肉の組織)―前腕、上腕、ふくらはぎ、すね、太腿など。あと足裏以外はYTUオリジナルボールと同じように全身に使えます。(足裏に限っては、足が大きめの方ならYTUプラスボールでも大丈夫です。)まるで肘で押すような感覚です。

 

 

大きいサイズのアルファボール。またはトートバックに入った2つ入りのアルファツインセットトート入り

 

 

こちらは深層にある筋肉と筋筋膜のリリースに適しています。かなり深くまでリーチできるので、贅肉の厚いお尻のリリースに、また首や肩などの起伏がある部位、コアや腰のインナーマッスルにも入っていくことができます。奥まで入ってくれますが、表面積が広いので、じんわりと入り、まるで拳で押すような感覚です。

 

 

さらに空気で膨らませるコアジャスボール
柔らかく体に入り、全身につながっている筋膜の層全体をグローバルに緩めることができるボールです。筋膜層の中の神経に働きかけて副交感神経をオンにし、リラックスさせてくれます。お腹や胸など繊細な部分のリリースにも適しています。表面のグリップ力が強いので、ボールを皮膚に当てて引っ張ると皮膚と筋膜を同時に掴み、筋膜同志のくっつきを引き剥がしていくことができます。一日の疲れとストレスをとるには床でコアジャスボールの上に乗って体をゆ〜っくり揺らすと効果てきめんです。

 

マッサージの基本は圧をかけることで、床、壁、家具などを使って圧をかけて行きますが、床で使うとより強い圧、壁だともう少し柔らかく圧をかけることができます。ボールを購入したばかりのうちは少し硬く感じられるかもしれませんが、使っていくうちにこなれてきます。

 

YTUボールの表面は筋膜を掴むために開発された特殊ゴムです。長時間日光にさらしたり、気温差の大きいところに保管するとゴムが劣化していきますので、長く使うためには付属のトートバッグに入れ、さらにジムバッグなどにしまって直射日光を避けて保管してください。ボールが新しいと表面にくぼみや傷がある場合がありますが、使っていくうちにこなれてくるもので、ボールのパフォーマンスには一切関係ありませんのでご安心ください。

 

毎日お使いになる方の場合、6ヶ月〜9ヶ月くらいしたらボールをチェックしましょう。次のような状態になったときが買い替えだ、と思ってください。 

ー押しても元の形に戻らない

ー表面がツルツルになって滑る

ー表面がボロボロ剥がれてくる

 

 

コメント

コメントを残す(*は必須項目です)