News ニュース&ブログ

コロナ旋風の結果在宅時間が増えていますよね〜。体を動かす機会が減り、不調を訴える方が多い中、首に問題が生じている方が急増。原因は言うまでもなく、パソコン、携帯の乱用です。仕方がないとはいえ、気をつけて予防に努め、ストレッチや強化をしていく必要があります。まず一番気をつけるべきなのは姿勢。まっすぐ立って脚でしっかりと大地を踏み込み、骨盤の上に胸郭、胸郭の上に頭蓋骨を重ねましょう。下の絵の左側のように頭が前に飛び出してしまうと、ボーリングボールのような思い頭を支えなければいけないから、首の負担が大変!

 

 

又胸部が落ちて呼吸器官が圧迫され、健康的な呼吸のリズムを保つのが困難に。その結果心理的にも不安になったり、鬱になることもありますよ〜。背骨が逆湾曲して体全体に負担がかかり、腰痛を引き起こす!本来二足歩行をするべきでなかった人類がサバイバルのために2本足で歩くようになった時に払った犠牲が背骨の問題なのです。2本の脚で重たい体を運ぶ不安定さを賄うために背骨が右側のようなS字型に曲線し、ショックを吸収してくれているのです。背骨のS字曲線に関してはこちらを読んでね。

 

 

アメリカではこの頃立って仕事ができるスタンディングデスクが人気です。写真のようにモニターが目のレベルに調節できるので、頭が前にとび出るのを防いでくれます。

 

 

 

 

セルフケアの指導をしている筆者も、1日2〜3時間は必ずパソコンに向かう生活。パソコンへの向かい方、座り方には極力注意をしています。できるだけ立ったり座ったりの時間をミックス!

 

 

また30分仕事をしたらストレッチ、また45分仕事をしたら外を散歩、緑の多い景色を見つめて目を休める、最後にボールでマッサージをするーなどの工夫をしています。そのPNFという抵抗を使ったストレッチとマッサージの方法を動画にしましたので、是非参考になさってください。あとは太陽の光を存分に浴び、お散歩やジョギングをする、緑の豊かな環境で一日を過ごすなどの時間をぜひつくるようにしてくださいね〜!

 

 

 

 

 

コメント

コメントを残す(*は必須項目です)