News ニュース&ブログ

 

2020年、 4月。人類に大きなチャンレンジがやってきました。昨年12月に中国広東省で拡がり始めたコロナウィルスがあっという間に世界中を席捲。2020年4月8日までに87,978人の犠牲者を出しました。「対岸の火事」とみていたアメリカが今では感染者の最も多い国、という想像を絶する事態となっています。アメリカではウィルスの拡大を防ぐ為にビジネスはシャットダウン、市民は自宅待機を要請され、散歩かジョギング、買い物以外は家から出れません。日本でも今週始めに緊急事態宣言が出され、自主的に自宅に籠る住民が多くなっています。そんな中で仕事ができないので家賃が払えない、知り合いが亡くなった、毎日さまざまな恐ろしいニュースが入ってくるーと不安な気持ちになる人が多くなっています。

 

こんな難しい状況の中で一体どうやって平静を保てば良いのでしょう?私たちにできることはあるんだろうか?

 

あるんです!それは「呼吸」を変えていくことなんです。

 

オギャー、と生まれてくる新生児はまず息を吸い込み、人が亡くなる時の最期の息は吐く息です。その為に多くの言語で「吐く息」と「死」は同義語なのだそうです。インドや中国では古代の昔から「体内を流れるエネルギー」つまりプラナ、Chiを動かすのが呼吸であることに注目していました。日本で言う「気」です。インドでは紀元前からヨガのマスター達が、弟子に呼吸を制御し心を統一する方法を教えていたのです。

 

 

 新生児は始めに息を吸い込む

 

現在でもあらゆるリラクゼーションのテクニックで呼吸法が使われています。たとえ生理学に詳しくなくても、吸う息と吐く息をコントロールすることでどんな効果があるかは想像できるでしょう。自分が安全で心が落ち着いている時、また仲の良い友人と一緒にいる時私たちの呼吸はゆっくりと、深くなっているでしょう。これは副交感神経が優勢となっている状態です。反対に怖い、辛い、痛い、心地が悪い状況においては呼吸は浅く、早くなるでしょうーこれは交感神経が優勢になるからです。このように呼吸は心を制御することができるパワフルなツールなのです。

 

呼吸に問題があると不安になりやすく、より重症になるとパニック障害を引き起こします。慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の60%以上は不安症か鬱をかかえているのです。ゆっくりとした深い呼吸法は副交感神経のひとつであるべガス神経の活動を促進します。ベガス神経は日本語では「迷走神経」と呼ばれ、発見されたのは20世紀に入ってから。日本語では「迷走神経」と呼ばれています。が、現在多くの内臓の活動を監視、管理している、人間の心身の健康に大きな役割を持った神経系と考えられているのです。べガス神経が刺激されると体中が落ち着きで満ち溢れ、心臓の鼓動は遅く、血圧は下がり、筋肉はリラックスします。ベガス神経がこのような変化を脳に伝えると脳もリラックスし、平和な気持ちになります。

 

 

 ベガス神経の流れ

 

基本的に胸式呼吸は交感神経を優勢に、腹式呼吸は副交感神経を優勢にしてくれます。まずは腹式呼吸ができているか、を確認しましょう。腹式呼吸ができるようになったら

次の呼吸法を練習してみてください。簡単です。

 

6カウントー息を吸う

4カウントー息を止める

8カウントー息を吐く

4カウントー息を止める

 

これでワンセット。何度でも繰り返してください。はじめは1日5-10分。慣れてきたら 15-20分。さらに慣れてきたらそのあとに 5-10分間の瞑想をしてみましょう。落ち着ける場所で座って行うのが理想的ですが、基本的にはいつでもどこでもできます。[今すぐに気持ちを落ち着けたい!]というときにいつでもやってみてください。そしてご自分の気持ちの変化を観察しましょう。変化が感じられたら、お子さんやご家族にも教えてあげてください。呼吸系に問題のある方、妊婦の方は息を止めるのはやめておいてください。

みなさんが安らかなお気持ちで、安全に過ごされることを心から祈っております。

 

 

 

 

コメント

コメントを残す(*は必須項目です)