News ニュース&ブログ

スマホやタブレットがないと生きていけない現代人。一日中パソコンの前で仕事をしたあとに通勤電車の中ではゲーム、SNSに明け暮れ、もう寝ている時間意外はず〜っとネットに繋がった状態―友人や家族と食事をしていても、全員がスマホに釘付けで対話もなし。本当になんという悲しい世の中になってしまったのでしょう。若い方でも姿勢が極端に悪く、骨が脆くなってしまっているのがわかります。

 

きょうは僧帽筋のお話をしましょう。僧帽筋は体の一番表面にある大きな筋肉で、首と背中全体を覆う台形のような形をしています。首の上の後頭部から始まり(起始部)、第七〜第十二胸椎まで続きますが、鎖骨の外側、肩峰、肩甲棘で停止(停止部)しています。ちなみに筋肉が運動しても動かない方の端を起始(きし)、筋肉が運動する時に動く方の端を停止(ていし)という呼び方をします。言葉の説明ではきっとピンとこないと思うので、下の図を見てください。この上背を覆う大きなパワフルな筋肉がイメージできましたか?

 

 

この図で3色に色分けしてある通り、僧帽筋は上方、中間、下方の3つの部分に分かれ、位置によって役割が違います。

 

 

僧帽筋上方

 

・肩甲骨の上方回旋(腕を頭上に上げる)

・肩甲骨の内転(肩甲骨を内に引き寄せ、肩を後ろに引く)

・肩甲骨の拳上(肩甲骨を上に持ち上げる)

・頸部の伸展(首を伸ばして上を向く)

・頸部の回旋(首を回す)

 

 

僧帽筋中間


・肩甲骨の内転(肩甲骨を内に引き寄せる)

 

 

僧帽筋下方


・肩甲骨の上方回旋(腕を頭上に上げる)

・肩甲骨の内転(肩甲骨を内に引き寄せ、肩を後ろに引く)

・肩甲骨の下制(肩甲骨を下に下げる)

 

 

 

肩甲骨の動きを司る僧帽筋は、肩こりの原因であり、滞ったままリリースしないでいるとどんどん前かがみな姿勢となり、若い方でも老人のような姿勢になってしまうのです。座ったまま同じ姿勢でパソコンやスマホに向かう、電話を耳と肩の間に挟んで長時間通話する、高すぎるか首を正しくサポートできない枕を使って寝ている、また特定の動きを繰り返して行うスポーツ(テニス、バレーボール、ゴルフなど腕を繰り返して持ち上げる動き)や作業(棚卸しなど、腕を上に持ち上げた位置で繰り返す動き)も滞りの原因となります。

 

広大な僧帽筋は位置によって役割は違うとはいえ、一つの大きな筋肉と筋膜の組織(筋筋膜)を型作っていることは間違いありません。忘れてはいけないのは筋肉は組織を通じて全身つながっており、また筋膜を通して他の筋肉組織とも繋がりあっている、ということです。ーつまり、僧帽筋の上方をマッサージすることは肩や首だけでなく体全体をリリース、呼吸と姿勢を向上し、神経系までリラックスさせることにつながるのです。つまり筋膜リリースは私たちの心身の健康にも密接に関係している、と言えるでしょう。

 

そのような筋肉と筋膜の特性を理解していきましょう。次のブログでは蓄積した僧帽筋上方の滞りを根こそぎにするリリース方法をご紹介していきます。 

 

 

 

 

 

コメント

コメントを残す(*は必須項目です)