News ニュース&ブログ

 

 

ニューヨークの解剖学の権威、エイミー=マシューとレスリー=カミノフのスタジオで数年間解剖学を勉強した後、私の生き方を大幅に変えることになる、ヨガチューナップ®に出会いました。2011年。すぐにピンときてマサチューセッツ州クリパルセンターでジル=ミラーとリリー=チャンドラ率いるヨガチューナップ®レベル1のトレーニングを受講。当時私は40肩、慢性の腰と股関節の痛みの真っただ中。トレーニング中に一度、こんなことがありました。練習中に私が全然腰を動かしていないのを見て、リリーが私のところに来て言いました。「きょうこ、どうして腰を動かさないの?」「え〜と、それは〜」リリーはしばらく間をおいた後、こう言いました。「痛いからでしょう?」その瞬間に私は堰を切ったように大泣きし始めたのです。

 

あまりにも長いことつきあっていたので、「痛いのが当たり前の状態」と認識した私は、体を閉ざすことで痛みを回避していました。体を感じないようにすることが、私ができる唯一の防御メカニズムだったのです。背中がアイロン台のようにガチガチになってしまうまで母親、またダンスとヨガの先生の言うことをよく聞く良き娘であり、生徒でありたかった。自分の体の声に耳を傾けることなんて一度もしませんでした。私の体は「自分を癒して。」と叫び続けていたのです。その認識とともに、私の体は大きく変わり始めました。1週間のYTUトレーニングの間ジルとリリーの導きで私は自分の痛みと向き合い、どうやって痛みを取り除くのか、自分で感じることを始めたのです。体の声に耳を傾けたときに私の体は劇的に変わり始めました。今では痛みを感じることはほとんどありません。それに、ありがたいことに仮に痛みが戻ってきたとしても他の人に頼らず自分でケアをする方法を身につけたのです。

 

人間の背骨は5つの部位に分かれています。首には頚椎が7本あり(C1~C7),胸部には胸椎が12本(T1~T12)、腰には腰椎が5本(L1~L5) 、仙骨には5本(S1~S5、仙骨と融合)そして尾骨に4本。健康な背骨は横から見ると、美しいS字状となっています。前に張り出した曲線は前弯(ロードシス)、後ろに張り出した曲線は後弯(カイフォーシス)と呼びます。

 

人間の背骨は長い年月をかけ、必要に応じて進化してきました。まず始めに我々の祖先が4本足で食物を探して這いずり回っていた頃、 前足で地面から上体を押し上げるために胸部に後弯が生まれました。次に食物を見つけるため、また天敵が接近するのを見れるよう、首を持ち上げたために頚椎の前弯が生まれたのです。腰の前弯は2本足で歩くため、人が下半身に負荷をかけられるように発達しました。腰の前弯は人間独自のものです。(「最強のヨガレッスン」レスリー=カミノフとエイミー=マシューズ著からの抜粋)背骨は実に何百万年もの月日をかけて体の重みを支え脊髄を守るように進化してきました。人体は背骨の曲線によってその重さに耐え、重量のバランスをとれるようにできているのです。私たちが歩いたり走ったりするときに、背骨はうねりながらその動きをサポートします。ほとんどすべての人間の動作は背骨の動きによって支えられているのです。背骨の動きが悪いと、体の他の部分がそのツケを支払わなければならないのです。

両親の背骨を見て、自分の背中が平坦なのは親譲りだな、と納得したことがあります。それとも文化的な影響もあるのかも?(私の親は第二次大戦中に育った日本人。まっすぐ立つこと、きちんとお辞儀をすることが大切だった世代の人たちです。)そんなフラットバックの私でも、背中のS字曲線を取り戻す方法があります。ヨガチューナップのエクササイズで私の役に立ったのは「背骨のうねり」です。これをクラスで教える時、ほとんどの人が背骨全体の動きを感じることなく生きているのに驚かされます。ヨガのクラスで「猫と牛」というポーズをする時、私たちは普段の動き方のクセをそのまま再現します。腰など動きやすいところを動かし、胸などの動きの悪いところはおざなりにするのです。しかし習慣通りに動いていては自分の体の盲点を見つけることはできません。YTU「背骨のうねり」を練習してみましょう。時間をかけて呼吸をし、背骨の動きを感じてみてください。動きの悪いところは覚醒させ、トレーニングし直さなければなりません。よく動くところがひょっとしたら痛みの震源地なのかもしれません。この練習によって背骨のS字型湾曲をより良く感じることができるようになるでしょう。YTUの練習で、自分の体をより感じて理解することができるようになるのですー誰のものでもない、あなた自身の体を、です!

 

私はニューヨークの自然科学博物館を訪れると、必ず恐竜の展示を見に行きます。何百万年もの時間をかけて進化してきた生物の構造と骨格を見るとまさにその変容に驚嘆させられますーそれでも全ての生物は本当によく似ている。恐竜も私たちも。そう思うとちょっと感動して目頭が熱くなってきてしまうのですー私たちはみんなひとつなんだ、と。

 

  

 

 

 

コメント

  1. ヒカル says:
    2017-05-27 09:25:47

    自身も痛いところは痛いものと理解して生活していました。 背骨にしろ肩や膝にしろ私達は関節を無意識に動かすだけでちゃんと身体の声を理解してなくて生活していたんだととても共感しました。 背骨の動きも癖があるので理解して伝えていけたらと思いました。

  2. 笹井理恵 says:
    2017-05-28 08:03:26

    カラダを揺らすとリラックスするのを何となく分かっていながらも、日常では揺れを阻止しカラダを固めている(ロックしている)ことが多いなって、記事を読んでいて思いました。 背骨がS字カーブを描いていることは、普段感じることがないが故に、意識して「背骨のうねり」の練習をする必要があると強く思いました。

  3. 郡山恵 says:
    2017-05-28 09:11:29

    背骨のS字が普段の生活により大きく形が変わってしまうことが解りました。柔軟をする事でよりしなやかになっていくものと思っていましたが過度な物は体に良くない影響を与えるのだと感じ 私も早く柔軟をつけたいと焦る時もありますが 体の声を聞きながら正しいアライメントを意識していきたいと思いました。

  4. ひろみ says:
    2017-05-28 09:17:20

    キョウコさんの「痛いのが当たり前状態」からの体の声の気づきのプロセスがリリーの「私のところに来て」いった一言で導き出され、癒され、解きほぐされた…そのストーリーがとても印象的で、その出会いがあったという事を羨ましさににた喜びを感じました。そんな先生に出会えていいな。とリリーのような「観る人」でありたいなと。私にとっては前者はキョウコさではありますが、様々な場面でそのような方々にお会いできると、と思います。S字カーブの形成の進化はとても興味深いお話でした。レスリー・カミノフとエイミー・マシューズ両氏の著書を手に取れることがあればと思います。ヨガと言えども自分の体を通して解いていくと人間の進化にまでたどり着くのですね。深く、広く、ボーダーの無い、ヨガも学びも同じだと再認識しました。ありがとうございます。

  5. 岡崎智美 says:
    2017-06-01 16:40:14

    幸い腰痛に悩まされたことはないですが、頚椎が車の事故もありストレートネックのため、過度に上下に動くことが困難ですが映像にあった背骨のうねりを続けてやってみようと思います!早速やってみましたら、汗がジワっと出てき、いつも動くと嫌な痛みがある頚椎に血が流れ酸素が送りこまれ動きがこころなしかスムーズに。直感で自身の背骨に良い感じがし驚きました!catcowではスパインウェーブを一骨一骨動かしますが、うねりは全体に行き届き熱くなるのが良いですね!S字を取り戻したいです。

コメントを残す(*は必須項目です)